お子様の流行性疾患と出席停止期間についてについて|平塚市の小児科・アレルギー科 乳幼児健診 予防接種


平塚市の小児科・アレルギー科 こどもクリニックどうかい|乳幼児健診 予防接種

【午前】月・火・木・金 8:30~12:30、土・日 8:30~13:00、乳幼児健診 平日12:30~13:00【午後】月・木 14:00~20:00、金 14:00~18:00|火曜午後、水曜、土曜午後、日曜午後・祝は休診

電話番号0463-37-1886

併用駐車場60台完備

ネットからの予約ができます。ご案内はこちら

流行性疾患と出席停止期間について

インフルエンザ

【学校保健安全法による出席停止期間】
発症後5日間経過していて、かつ解熱後2日間(小学生未満は3日間)

発熱期間は4~5日間程度で、その間に「一度下がったがまた熱が出てきた」ことがある「二峰性の発熱」が見られます。これは抗インフルエンザ薬を使用していても見られます。

重要な点は「A型でもB型でも、抗ウイルス薬等を使っても使わなくても」つまり、どうにもこうにも発熱中とくに発熱後2日間は絶対にお子さんから目を離さない、ことです。

異常行動は抗インフルエンザ薬との関連は見られなかった、という研究結果が得られており、高熱による「熱せん妄」によるものと考えます。

出席停止期間の具体例

出席停止期間は発症後5日間経過していて、かつ解熱後2日間(小学生未満は3日間)です。

当院では「37.5℃以上の発熱があった日が発症した日」と定義します。

診断後すぐに熱が下がった場合は、熱が出て6日目に出席可能【A】。

なかなか熱が下がらなかった場合は、解熱して3日目に出席可能(小学生未満は4日目)【B】。

概ねそういう意味です。下記に例を挙げます。

【A】小学生(例1)
  • 0日目:発熱した日
  • 1日目:受診した日、薬開始
  • 2日目:熱がある日
  • 3日目:熱がない日、解熱0日間
  • 4日目:熱がない日、解熱1日間
  • 5日目:熱がない日、解熱2日間
  • 6日目:熱がない日、解熱3日間、出席できる日
【A】小学生(例2)
  • 0日目:発熱した日
  • 1日目:受診した日、薬開始
  • 2日目:熱がない日、解熱0日目
  • 3日目:熱がない日、解熱1日間
  • 4日目:熱がない日、解熱2日間
  • 5日目:熱がない日、解熱3日間
  • 6日目:熱がない日、解熱4日間、出席できる日
    (解熱して2日間経った発症5日目では発症後5日間たっていないため、発症後6日目で出席)
【B】小学生(例3)
  • 0日目:発熱した日
  • 1日目:熱がある日
  • 2日目:熱がある日
  • 3日目:受診した日、薬開始
  • 4日目:熱がある日
  • 5日目:熱がない日、解熱0日間
  • 6日目:熱がない日、解熱1日間
  • 7日目:熱がない日、解熱2日間
  • 8日目:熱がない日、解熱3日間、出席できる日

ちなみにインフルエンザC型もありますが、ごく軽症で普通の風邪と区別がつかないため検査はできません。

手足口病

【学校保健安全法による出席停止期間】
決まっていません

2日間程度高熱が出て手足口の発疹が目立つ感染症ですが、実は出席停止期間は決まっていません。

発疹が出るころには熱も下がり元気もよいため、また重症化する病気ではないので熱がなければ手足に発疹が出ていても出席停止となりません。

成人がかかることもありますが、ウイルスの種類により軽かったり重かったりするようです。

成人の手足口病で重い症状だと、手や足に大きな水疱ができ、一時的に痛みやしびれが出ることがあります。小児では重い症状はごくまれにしか見られません。

ヘルパンギーナ

【学校保健安全法による出席停止期間】
決まっていません

夏季に流行しやすく、2日間程度高熱が出ます。

のどが痛いがそれ以外の症状は目立たない、のが特徴です。無理に食べなくても結構です。

水分摂取を心掛けましょう。出席停止期間の定めはありません。

プール熱(咽頭結膜熱)

【学校保健安全法による出席停止期間】
主要症状がなくなって2日間

いわゆるプール熱はアデノウイルス感染症のうち「発熱」「咽頭炎」「結膜炎」の3主要症状を伴うものです。

3つ全部がハッキリ揃わないこともあり、アデノウイルス迅速検査陽性+高熱+扁桃炎or/and結膜炎、などの症状を総合してプール熱と診断します。

高熱は3~4日、結膜炎は7日程度続くことがあります。

高熱でのどが痛い、咳や鼻水が出る、いわゆる夏風邪の症状です。

ほとんどの場合は水分摂取と安静にて回復しますが、ごくまれに脱水などで入院する児もいます。

水分摂取を心掛け、尿がしっかり出ていることを確認しましょう。

熱、のど、目の症状がそろったプール熱の場合は、結膜炎が長引きなかなか出席できない場合があります。感染力の強いウイルスですので、しっかり出席停止期間を守りましょう。

溶連菌感染症

【学校保健安全法による出席停止期間】
治療開始24時間後に熱がなければ出席可能

当院では「処方された抗生剤の内服を受診当日に飲み始め、診断の翌日を休み、翌々日に熱がなければ出席可能」と定義します。

抗生剤を7~10日間しっかり内服し、診断から概ね2週間後に尿検査をします。

これは「リウマチ熱」「腎炎」などの合併症予防のためで、抗生剤治療が一般化した近年ではほとんど見られません。

診断から概ね2週間後に「朝起きてすぐの尿」をできれば午前中にご持参ください。冷蔵保管はしないでください。

尿は「出している途中のものをコップですくう『中間尿』を取る」ようにしてください。

受診時の尿検査は5分ほどで結果が出ます。なかなか熱が下がらない、おなかや顔などに真っ赤な発疹が出る、尿が出ない、むくみがあるなどの症状が出たら早めに受診してください。

RSウイルス感染症

【学校保健安全法による出席停止期間】
決まっていません

ウイルス排泄期間が初感染で3~4週間と長いですが、多くの児は「熱が下がり多少咳や鼻水が出るものの元気」であれば登園していると思います。

登園可能なほど元気だけど感染力はまだある状態で、実際は1か月ほど呼吸機能が落ちており、別の風邪をもらいやすい状態です。

ウイルス排泄期間が長く、感染力も強いため集団保育において完全に感染を防ぐのはまず無理でしょう。

出席停止期間は決まっていないので、当院では「熱がなくて、咳や鼻汁がある程度落ち着き、日常生活ができている状態」で出席可能としています。

突発性発疹

【学校保健安全法による出席停止期間】
決まっていません

3~4日間高熱が出ますが、高熱の間も元気がよく、咳や鼻水などはほとんど見られないのが特徴です。

「突発性発疹症」の発疹が出るのは解熱後です。

発疹期は不機嫌なこともありますが、発疹自体はかゆみが無く、数日~1週間で自然に消えます。

発疹が出ていても熱がなく元気にしていれば出席停止とはなりません。

マイコプラズマ感染症

【学校保健安全法による出席停止期間】
決まっていません(医師の判断による)

年長児に流行がみられる感染症ですが、近年は保育園幼稚園でも流行がみられます。

しつこい咳が1ヶ月~1ヶ月半続くこともあり「咳が治まるまで出席停止」というわけではありません。

ほとんどが内服薬で回復しますが、まれに入院になることもあります。

ウイルス性感染性胃腸炎(ロタ、ノロ含む)

【学校保健安全法による出席停止期間】
決まっていません(下痢がなくなるまで)

毎年流行するウイルス性の胃腸炎ですが、ノロでもロタでも症状により治療が違うだけで、ウイルスの種類が異なっていても、予防や対策は同じです。

ノロでもロタでもほかのウイルスでも「最低でも下痢がなくなるまでは出席停止」しましょう。

本人は元気でも他の児や教職員に感染させるリスクが高いためです。

異常に感染力が強く、ごく少量(0.0001~0.001グラム単位)の糞便かすや吐物を拭いたあとなどから容易に感染します。

ですので、どんな対策をしても無菌設備でもない限り集団保育や学校において感染を0にするのは難しいと言えます。

水分摂取に努め、嘔吐が頻回、唇が渇く、尿が出なくなる(極端に減る)などの時は点滴治療が必要かもしれません。

ご家庭内では、おむつや下着処理でしっかり手を洗う、便座やドアノブの消毒、嘔吐症状があるときは食器などを共有しない、といった感染対策が必要です。

汚れた衣服は100倍希釈の塩素系漂白剤に10分ほど浸したうえで、ほかの衣服と分け普通に洗いましょう。

カーペットなどは汚物を除去したうえで、ペーパータオルをかけ、50~100倍希釈の塩素系漂白剤を十分かけ浸し、しっかり拭き取ります。

作業の際は可能であればマスク、手袋、などをつけ。拭き終わったら使い捨て、衣類も着替えましょう。

(腸チフス、腸管出血性大腸菌感染症などの特定の感染症は別途規則が決まっています)

水ぼうそう

【学校保健安全法による出席停止期間】
発疹がすべて痂疲化するまで

水ぼうそうの特徴である「水疱」がつぶれたりして乾燥してかさぶたになります、これが痂疲化です。

すべての発疹がかさぶたになったら治癒です。

また、予防接種を受けているとはっきりとした水疱にならず、少し茶色くなるだけの場合=色素沈着があります。

発疹の全部がかさぶたもしくは色素沈着になったら出席可能」になります。

お薬を飲んでいてもおおむね5~7日間かかります。

予防接種が2回定期化となり、ほとんど診なくなりましたが、感染力が強いため、集団保育などではまだ見られます。

潜伏期間はほぼきっかり14日間で、それ以前に出ることはありません。

兄弟姉妹がかかった場合は、14~21日間経過するまでは予防接種を控えるよう勧めています。

おたふくかぜ

【学校保健安全法による出席停止期間】
耳下腺、顎下腺、舌下腺が腫れ始めてから5日経過していて全身状態がよくなるまで

「耳下腺の腫れ」は完全に引くまでに1週間以上かかることもあり、平成24年に上記の期間に変更されました。

つまり「腫れが残っていても上記の条件を満たしていれば出席可能」となりました。

おたふくの場合「耳の下が腫れる」のが特徴ですが、あごやのどの上だけが腫れることもまれにあり、周囲の流行なども考慮しおたふくかぜと診断することもあります。

成人男性がかかると、高率に精巣炎となり、男性不妊症の原因にもなります。

かかった記憶がない、という方は予防接種をお勧めします。

ちなみに凄く腫れてとても痛いです。

友人がかかりましたがとても辛そうでした。

また似た症状で「反復性耳下腺炎」というものがあります。

反復性耳下腺炎はウイルスとは関係なく、いわゆる「体質」と考えられます。

風邪、体調不良、たくさん食事をとった、などほのか、特にきっかけもなく耳下腺がはれます。

小学校3~4年程度で自然に改善することが多いですが、成人でも症状が出る人はいます。

痛み止めなどを使うことはあります。

よくわからなければ受診の上ご相談ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

【学校保健安全法による出席停止期間】
保健所に確認

小児のCOVID-19は特徴的な症状はなく、発熱がない、無症状である、など他疾患との区別は難しいです。

成人家族からの感染がほとんどなので、同居者は濃厚接触者として保健所からの指示をすでに聞いているかと思います。

濃厚接触者ではない方の診察について、当院では新型コロナウイルス抗原迅速検査キットを用意しております。

個室診察ブースにて診察、医師が必要と判断した場合は迅速抗原検査をします。

15分程度で結果が出ます。当院は発熱症状のある方も受診いただけますので、予約システムでご予約の上(初診の方も予約できます)ご受診ください。

このページの先頭へ戻る